@はにーばにー@

日常や好きな事を書いています。主に乙女ゲーム。ネタバレありです。

【遙かなる時空の中で6】コハク 感想

 

コハク√をクリアしました。

f:id:honeybunny02:20150325001358j:plain

 

コハクの手の位置がいつも可愛いv

と思ってしまう。

 

 

2人目の攻略キャラです。

1周目をやっている時から思っていたんですが、コハクの

「梓さん」っていう呼び方が可愛いというかキュンとくるというか。

今までこういったキャラが「さん」付けで呼ぶ事ってなかなかなかったんではないでしょうか?

公式でも「てらいのない」という表現をしてますけど、飾りっ気のない純粋で真っ直ぐな青年です。

しかも、実際は年上ですよ。

年上の人が年下の子に呼びかける様な「さん」ではないのが新鮮でした。

 

コハクは謎の病にかかり、記憶を無くした状態で主人公と共に行動する事になるんですけど、何も覚えていないのに、とにかく明るい!

梓が加わった事によってダリウス邸の雰囲気も変わったとは思うんですけど、コハクも更に変えました。

人懐こいし、とっつきにくそうな虎ともそれなりに話をしている様だし、ルードのお手伝いもテキパキとこなして溶け込んでくるんですね。

自分を助けてくれた梓だからかもしれないですが、同じ居候の仲間として梓の事も慕う&気にかけてくれるぐらい、心の優しい子です。

 

「あなたと新しい思い出を作ればいい」

そんな前向きな言葉、そうそう言えないですよね。

そういうキャラだからこそ、私としては消えた記憶が知りたい!どんな過去なのか知りたい!とも思いました。

 

コハクと言えば

「ゴンドラの唄」

会った時に歌ってくれていたあの子守歌の様な歌い方が素敵すぎて1周目で聴いたのに飛ばさずに聴いてしまった。

しかも、話の中でこの後にも歌を歌う機会がくるんですけど、その歌い方も良い!

その時々によって違った歌い方なの。

何て言ったら良いのかわからないですけど、妙に切なくなる心にジーンとくる歌です。

記憶はなくても、この歌は覚えているんですねー

 

ダリウスとの契約(記憶を取り戻す努力をする)もあって、徐々に思い出していくんですけど、悲しくやるせない記憶ばかり思い出してしまい、自分は不幸だったと落ち込んでしまう事も。

ここらへんは本当につらかった。

明るく人懐っこいコハクをしってるから…。

でも、梓がコハクの心に寄り添って後押しした結果もあり、悲しく辛い生活を送っていた中にもちゃんと、自分を愛してくれている人が居たことを知るんですね。

いつもの笑顔で「母さんからたくさんの愛情をもらっていたのに忘れていたんじゃ、かわいそうだ」と言ったコハクに、泣きそうになりました。

 

序盤で、自分の置かれている状況よりも、梓の幸せを一番に考えて逃がしてくれようとするコハク。

コハクの優しさは後半へいってもかわらなくて、梓を恋愛的な意味で慕っている事に気づいても、自分の憑闇という病の真実に近づいて不安でイッパイな時も

「梓さんはみんなの神子だから」と、一歩引いてしまう。

 

改めて振り返っても、コハクはずっと梓の幸せを考えているんですよね。

梓には帰る場所があるから…自分は傍に居られなくても、梓の幸せを願っている。

自分の事を覚えていてくれるだけでいい。

想うだけの恋でいい…って、

なんなのその悲しい愛…と切なくなった。

 

 

ラストもね。

今まで「記憶」とか「思い出」などという言葉が、コハクルートでは重要なキーだと感じたんですけど、

最後の最後で、梓はコハクを助ける為に、コハクとの思い出を忘れる…っていう。

 

つらい…。つらいよ、こんな悲しいままEDむかえるの?

そんな事を考えたりもしたけど、

コハクがこの世界に!!?

…まぁちょっと予想はしてましたけども。

 

今度は梓と同じ世界で、また新しい思い出を作って、梓が無くした記憶は、また二人で取り戻せばいいって…

 

あれ?上手くループしてるんでは?

す、すごい。

なんかネオロマ素晴らしいですね。

 

出会った頃にコハクが言っていたあの言葉

「あなたと新しい思い出を作ればいい」

まさにこれじゃないですか。

上手くまとまっているなーと、そう感じました。

 


『遙かなる時空の中で6』 スペシャル映像・コハク(CV.阿部敦) - YouTube

 

 

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ