読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@はにーばにー@

日常や好きな事を書いています。主に乙女ゲーム。ネタバレありです。

【BROTHERS CONFLICT Passion Pink】雅臣 感想

BROTHERS CONFLICT Passion Pink

 

BROTHERS CONFLICT Passion Pink(通常版)

BROTHERS CONFLICT Passion Pink(通常版)

 

雅臣√をクリアしました。

f:id:honeybunny02:20141013222556j:plain

 

きゅんきゅんして涙出そうになった!
私にしては、とても良かったキャラです。

 


ネタバレになるので続きは追記で書きます

 

 

 

 

本命は昴!
なんて言ってましたが、雅臣良かったー!

自分でもびっくりしてますが、たぶん今の所1位かも…。
自分の好きなキャラ履歴から考えても、あまり年齢が高い方を好きになる事はなかったので、ノーマークだったんですけど、今の所1番です。

 

雅臣は長男ですね。
弥と一緒にいると、お父さんと間違えられてしまうという、残念な感じだったんですけども。
お父さんみたいな優しい大人の雰囲気が、素晴らしいぐらいい興津さんの声と合ってて、話の内容もとてもしっくりきました。

いつも、弥と雅臣セットな感じなんですけど、そのせいか、一緒にいるシーン&話の中に弥が出て来る事も多いので、主人公の事も子供&妹の様に接してきます。
それが悪い訳じゃないけど、
この人と恋愛出来るのかなぁ~?
と若干心配にはなった。


優しくて、ほんわかしてて、デートしてても、なんか他の兄弟とは違う雰囲気に感じました。
歳の離れた子に接するあの感じ!
もう完全に妹。

お泊りのイベントも、みててドキドキしたけど、やっぱり何かが違うんですよね。
ドキドキするけど、落ち着く…みたいな。

まだ2人しかクリアしてないので、なんとも言えないんですけど。

でも、その2人とはまた違うなーとは思いました。

独白で、
妹としてはみれない
と言われても、
いやいや、どう考えても妹扱いじゃんw
と、突っ込まずにはいられない。


クリスマスもですね、雅臣のお手伝いして終わるんですよ。
あ、イブだったかな。
プレゼントももらうんですけど、

うさたん参号機

という名の、雅臣が作ったぬいぐるみ。

まぁこれは、弥と自分も持ってるらしいんですけど、
うさたんの色々な所に隠しグッズが仕込まれているらしく、小児科医としてお仕事の最中に使用したりしてるみたいです。
子供が泣いたときとかにも便利ですよね。
それの、参号機wwがプレゼントでした。
こんな感じでクリスマスも過ぎちゃって、どうするんだ??と思ったんですけど。。。

私的には、そんなクリスマスが、きゅんとしました。

オシャレなプレゼントじゃなくて、こういうプレゼントをしてくる所が、雅臣らしいなーって。
穏やかで良いなぁ。って、
そう思いました。


ぬいぐるみがプレゼントなんて可愛いなw
なんて思ってた数か月後。
絵麻が、昴や侑介とゲームを楽しんでいるところを目撃した雅臣が、嫉妬していしまうというオイシイイベントが起きます。
なんだかんだで、好きなんだけど一歩踏み出せない。っていう雅臣をみてきたけど、嫉妬するんだ…って思いました。
しかも、その理由が…切ない。
私はプレイしていて、何とも言えないもどかしい気持ちになりました。

雅臣と、絵麻は10歳以上歳が離れているんですが、
やっぱり歳の近い子と遊んだ方が楽しいんだろうな…
って、そう思ってしまっての嫉妬なんですよね。

雅臣がそんな事考えていたことを知らない絵麻は、そっけない態度をとられてショックで、雅臣からプレゼントされた参号機に触れるんですけど…

あれ?
うさたん参号機に何か入ってる??

…なんとネックレス!

雅臣からのクリスマスプレゼントは、ぬいぐるみと、ぬいぐるみに隠されていたネックレスだったわけですね。

3か月後に届いたクリスマスプレゼント…!!


私、このシーンうるうるしてましたww
感動しすぎて。

何このすれ違い…!

でも、ちゃんと雅臣が絵麻の事を好きなんだって、
妹じゃなくてちゃんと好きです。って
気持ちが伝わってきて、本当感動しました。

 

雅臣が、家族の事を大切に思っている事を知る事ができ、彼の温かい空気に癒されました。
でも、大人になると、人には言えない辛いことや我慢してる事もたくさんあると思います。
しかも、こんな大人数の兄弟の長男ですからね。
そんな雅臣を支える存在になったのが、絵麻になるんですね!
この二人には家族っていう言葉が重要キーワードな気がしました。

まさか結婚式!・・・そして。。。(笑)
な展開になるとは思ってなかったですけど、すんなり受け入れられた!


雅臣ルートは、ほんわかするのに、切なくなったりして、とても素晴らしいシナリオだったんじゃないかと感じました。

 

 

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ